溜めず、恐れず。

自転車ロードレースの英文記事やPodcastの翻訳を中心に書いています。

スカイの運営資金は約46億円!他のスポーツと比較してみた

Embed from Getty Images // 先月、自転車ロードレース関連のデータ記事が多いイギリスのサイト『The Inner Ring』が、2016年のチーム・スカイ運営資金に関する記事を配信しました。 記事によるとスカイの運営資金は前年より27%増の約 46 億円(3,100万ユー…

「フルーム一人では勝てなかっただろう。」ヴィンツェンツォ・ニバリによる今季を総括するインタビュー

今シーズン万全とは言えない創立一年目のバーレーン・メリダに所属しながら、ジロ・デ・イタリアで三位、ブエルタ・ア・エスパーニャで二位、そして先日行われたイル・ロンバルディアでは優勝と、目覚ましい結果を残した ヴィンツェンツォ・ニバリ のインタ…

「あの発言が三倍になって返ってきたんだ」トム・デュムランの世界選手権後インタビュー

今年5月のジロ・デ・イタリアで総合優勝を果たし、先月ノルウェー・ベルゲンで行われた UCI世界選手権ロードの個人TT、チームTTを制したトム・デュムラン(チーム・サンウェブ)のインタビューが配信されていたので、一部を抜粋し翻訳しました。 www.cyclin…

【クイズ】アダムとサイモン、どっちのイェーツ?

2017年シーズンの アダム & サイモン・イェーツ(オリカ・スコット)の活躍を、クイズ形式で振り返って行きましょう。 GPインダストリア&アルティジアナート(イタリア)を優勝したのは? Embed from Getty Images // 2014年以来、二度目の優勝。 正解:「 …

【一分でわかる】コンタドールがパワーメーター禁止を訴える理由

今季限りでの引退を発表したアルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード)が、スペイン紙『MARCA』のインタビューで、レースにおける"パワーメーターの禁止"を訴えた。 Embed from Getty Images // 主張の要因となったのは、今年のツールとブエルタの…

【翻訳】UCI 新会長ダヴィ・ラパルティアンの就任”前”インタビュー

Embed from Getty Images // // ノルウェーのベルゲンで行われたUCI世界選手権と同時期に UCI(国際自転車競技連盟)の会長選が行われ、ダヴィ・ラパルティアン(フランス)が現職のブライアン・クックソン(イギリス)を38票対7票の大差で下し、新会長に…

【2017年自転車ロードレース】最高にカッコいいチームジャージはどこだ!?

2017年の自転車ロードレースシーズンも残すところあと僅か。来季はキャノンデール・ドラパックのようにメインスポンサー変更に伴い名前が変わるチームや、モビスターのようにジャージの色が「緑 → 水色」に変更するチームがある中で、今のうちに、 「今季の…

【翻訳】イギリス人記者が語るアジア、日本の自転車ロードレース界

オーストラリアのSBSというテレビ・ラジオ局が配信しているポッドキャスト番組『Zwift SBS Cycling Podcast』で、日本をはじめとする「アジアの自転車ロードレース界」について話していたので、抜粋して翻訳しました。 30:46から ーーーーーーーーーーーーー…

”これはビジネスなんだ” アクアブルースポートのオーナーリック・デラニーが語る「新しい自転車チーム」の形

毎年のようにチームが誕生しては消えていく自転車ロードレース。昨年はIAMとティンコフという二つのワールドチームが消滅、今年はキャノンデール・ドラパックが存続の危機に立たされた。そんな財政的に不安定なチームの多い自転車ロードレース界の中で、今年…

自転車ロードレース英文記事の読み方 〜グーグル翻訳のメリット・デメリット〜

先日、課題に出した記事を生徒さんがグーグル翻訳をつかい読んでいたことが発覚しました。真面目で熱心な方だったのですが、ワケを聞いたところ「仕事が忙しく、課題にかける体力と時間がなかった」と。 普段から大抵のことにヘラヘラしているのですが、この…

自転車ロードレース英文記事の読み方 〜その 2:タイトルの読み方・インプット方法〜

記事を読む上で重要なタイトル。今回は英文記事におけるタイトルの役割と、その特徴について書きました。また英文記事が深く読めるようになる方法も紹介しています。 (↑リード文) タイトルの読み方 いきなり身も蓋もないことですが、英文記事のタイトルを…

自転車ロードレース英文記事の読み方 〜その 1:サイト紹介・読むべき記事の選び方〜

プロフィール欄にある通り、週末に英語講師をしているのですが、そこで生徒さんと共有している「英文記事の読み方」を自転車ロードレースの英文記事に応用して読んでみたら、ブエルタが10倍楽しくなったので「英文記事が読みたいけど難しそうだと躊躇してい…

【翻訳】キャノンデール代表ジョナサン・ヴォルターズへのスポンサー撤退に関するインタビュー

ブエルタのステージ評など自転車ロードレース関連のエピソードを配信している『The Cycling Podcast』が、新スポンサー撤退が報じられたキャノンデールドラパックの代表であるジョナサン・ヴォーターズへのインタビューを配信したので、訳しました。 Slipstr…

【翻訳】新スポンサー撤退の影響に関するキャノンデール公式発表

現在行われているブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ後、来季のキャノンデールと提携する予定であった新スポンサーが撤退し、来季以降のチーム存続が危ぶまれているという報道がなされました。 Cannondale-Drapac riders told to look for other offers …

【翻訳】バルギル棄権に関するチームサンウェブ公式発表

チーム・サンウェブは、2017年ツール・ド・フランス山岳賞のワレン・バルギルが、ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージのスタートに立たない(棄権する)と発表しました。 Team Sunweb's @WarrenBarguil won't start today's stage at #LV2017. ➡️ https:…

ブエルタから「ポディウム・ガール」が消えたワケ

第一週目にも関わらず、総合系の選手たちによるバチバチの戦いが繰り広げられている今年のブエルタ・ア・エスパーニャ。特にスカイが ”本気(ガチ)” で勝ちに行っている姿勢に驚いたのは、我々ファンだけではないはず。 そんな熱く盛り上がるブエルタを観て…

【随時更新】自転車ロードレース移籍情報〜2017-2018〜

UCIワールドツアーチーム AG2R(フランス) 【 IN 】ベノート・コンスネフロイ(ネオプロ)、クレメント・ヴェントゥリーニ(コフィディス)、トニー・ギャロパン(ロットソウダル)、シルヴァン・ディルエ(BMC) 【OUT】クリストフ・リブロン、ドメニコ・…

ランスのポッドキャスト特別編【コロラド・クラシックSP】ゲスト:TJ・アイゼンハート

ランスのポッドキャスト復活!! 8月10日〜13日にアメリカ・コロラド州で、四日間に渡って開催された『コロラド・クラシック』に伴い、ランスのポッドキャストが特別編と題して ”ひっそり" と再開していま… コロラド・クラシックでランスのPodCastが制…

”ランスすげぇ!”ってなる本 → 『ただマイヨ・ジョーヌのためではなく』

夏なので、読書感想文の気分でランス・アームストロング著『ただマイヨ・ジョーヌのためではなく』の感想を書きました。 ただマイヨ・ジョーヌのためでなく (講談社文庫) 作者: ランス・アームストロング,安次嶺佳子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2008/0…

マーク・カヴェンディッシュ ツール後インタビュー「あそこに飛び込む判断に間違いはなかった」

今年のツール・ド・フランス第4ステージ、ゴール前のスプリントで落車によって1勝もあげることなく去ることになってしまったマーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ)。 シーズン序盤に苦しめられ、ツール出場すら危ぶまれたウイルス性の病気の…

ランス・アームストロングによるツール評 番外編その1「ツールの賞金額は20年も変わっていないんだ!」

完全なツール・ロスです。 家に帰ってきてからの生活リズムが行方不明です。ツール始まる前まで自分がどのような生活を送っていたのかがまったく思い出せません。 またそれ以上にランス・アームストロング・ロスです。あの居酒屋でいい年したおっさんが老眼…

ランス・アームストロングによる第21ステージ評「とにかくフルームの子どもが可愛いんだ!!」

今回で最終回となるランス・アームストロングによるポッドキャスト。ランスの意外すぎる着眼点や、ツッコミどころ満載な持論、その一方でマジメで情熱的な一面があったりと、どこか憎めないランスの人間性が存分に表れている、最後に相応しい回となっていま…

ランス・アームストロングによる第20ステージ評「1000kmも逃げているのになんでバルギルなんだ!!馬鹿じゃないのか!?」

今回のゲストは三度目の登場となるランスの盟友 ジョージ・ヒンカピー。ランスの熱いボケに冷静なツッコミを入れるヒンカピーと、二人のじゃれ合いがとても微笑ましいです。 あと今回もランス…怒ってます。 www.youtube.com ーーーーーーーーーーーーーーー…

ランス・アームストロングによる第19ステージ評「BMCは30億円もあるのに何してるんだ!」

今回のゲストはランスの元チームメイトだったデュラン・ケイシー。自転車選手から、その当時はまだ誰も知らなかったグーグルへ転職したという異色の経歴の持ち主でもあります。 www.youtube.com ーーーーーーーーーーーーーーーーー ランス: 今日は予測でき…

ランス・アームストロングによる第18ステージ評「スカイを出た選手はダメになるんだ」

今回はランスの1989年からの友人で、元BMCの ジョージ・ヒンカピー がゲストに来ています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー ここにいる三人は同意してくれると思うが、ツール・ド・フランス最後の山岳コースにしては退屈だった。 総合勢は AG2R と スカ…

ランス・アームストロングによる第15ステージ評 「フルームはメカトラが多すぎるし、BMCの奴らにもう興味はない!」

二回目の休息日前、最後のレースだった第15ステージ。 今回もランス節が満載で語っております。 www.youtube.com ーーーーーーーーーーーーーーーーー ランス: まずは28人ほどの先頭集団に入って逃げ勝った、トレックセガフレードのモレマに敬意を表したい…

新人賞ジャージ サイモン・イェーツを支えるオリカ・スコットのチームカーに潜入!

ツール・ド・フランスの中継だけでなく、解説の話題にもたびたび出てくるチームカー。何となくは知っているけど、詳しい役割や内部がどうなっているか知らないファンも多いはず。 第16ステージ終了時点でマイヨ・ブラン(新人賞)ジャージを着るサイモン・イ…

ランス・アームストロングによる第13ステージ評 【後編】「世界一過酷なスポーツだぞ?水ぐらい自由に飲ませろ!」

ワールドチャンピオンかつ自転車界のスターであるサガン(スロバキア人)が、カヴェンディッシュに対する進路妨害(疑惑)で一発退場となった一方で、クイックステップの選手に得意のパンチをお見舞いしたフランス人ブアニには、罰金と彼にとってはどうでも…

第9ステージ勝者ウランを好アシストしたマヴィックカーに潜入!

リッチー・ポートやゲラント・トーマスが落車リタイア、アルのメカトラアタック、キンタナとコンタドールが遅れ、バルギルの勘違いガッツポーズなど、語る要素が多すぎたツールドフランス第9ステージ。 Embed from Getty Images そんなステージの中でも、残…

ランス・アームストロングによる第13ステージ評 【前編】「フルームはランダを "仲間" だと思っていないよ」

総合上位勢によるアタック合戦が繰り広げられた第13ステージ。山岳賞ジャージを着るフランス人のバルギルが、フランス独立記念の日に見事な勝利を飾りました。 その中でもファンの熱を上げたのが、我らがコンタドールによるステージ勝利を狙った逃げだったの…