溜めず、恐れず。

フローをストォーック。

飽和して多様性が出てきた?日本のユーチューバー。

 

ちょっと前のことだけど、はじめしゃちょーが復活した。

 

 

www.youtube.com

 

YouTubeをあまり観ない彼女が、なぜかこのはじめん(と略すらしい)騒動に詳しかったので事の顛末を聞いてみたところ、

 

 

はじめしゃちょー何にも悪くねーじゃん!!

 

 

そもそも、ある男性YouTuberの生配信に、はじめんの別れた彼女が電話出演し「二股かけられ捨てられた!」と暴露。

さらにその後、大食いYouTuberの木下ゆうかが「私も同じように振られた」と告白。

 

 

「別れる彼女と次の彼女の期間がカブる」なんてことは普通にあることでしょうし、そもそも不倫とかではなく浮気だし。

 

 

 

ていうか、今回の騒動はこの「木下ゆうか」行為が一番解せないというか、自分の名を売りたいのならともかく、事件の時点で日本でトップを走る女性YouTuberだった彼女が、はじめんと付き合っていたという告白をすることに何の意味があったのだろうか?

 

 

彼女さんの推測によると、この人は30歳を越えて人気YouTuberなのに、服装や部屋がむっちゃダサいので、同世代の女性ウケがものすっごく悪いそうで、いまをときめくはじめしゃちょーと付き合っていたという事実を公表することで、イケてる感が欲しかったのだとか。

 

 

服装や部屋の感じを確認するため動画を観たけど…ダサいけど、言うほどか?と、男の自分にはいまいちピンとこなかった…。

 

 

まぁいいや。

 

 

そんな「もらい事故」の後、復活したはじめしゃちょーなのですが、その復活の100分の1も話題にならなかった、おじさんYouTuberこと瀬戸弘司さんも4月にひっそりと復活しました。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

ちなみに、瀬戸弘司とはガジェット系のYouTuberで、元劇団員を活かし寸劇や細かすぎるガジェットレビュー、綺麗すぎる画質と音質など「YouTuber=ぶっ飛んだことをする若者」とは一線を画すおじさんYouTuber

 

 

動画の内容はもちろん、フォントや効果音、音質など、見所が多く、同じ動画を何度観ても楽しめます。

 

 

そんな瀬戸さんの復活を首を長~くして待っていたのですが、休止している間、瀬戸さんにも勝るとも劣らない、違うおじさんYouTuberを見つけました。

 

 

ここまでが前置き(長かった)。

 

 

www.youtube.com

 

ドリキンという、サンフランシスコというオシャレな街で働き、オシャレな家に住む、ソフトウェアのエンジニアさん。

(サムネが女性なのでちょっと紛らわしい。)

 

 

『rebuildfm』という人気のテック系ポッドキャストがあるのですが、その運営者と毎回のゲストが皆サンフランシスコで働くエンジニアなので、そこで話している人たちが、住み働いている街がわかるので、rebuildファンとしてはそういう意味で嬉しい。

(ちなみにドリキンさんもrebuild出ていまう。もう自分のポッドキャスト番組始めるようになって出なくなったらしいですが)

 

 

見た目は、どっかで暗殺された長男みたいですが、動画を観ているとだんだん可愛く観えてくるから不思議です(単純接触効果)。

 

 

瀬戸さんの顔が苦手な彼女さんも、ドリキンさんの声が可愛くてツボらしく、動画にドローン映像が出た時は報告するように言われています。

 

 

日本の登録者の多いYouTuberってほとんどが日本に住んでいるので、こういう外国に住み、町並みを映像で映すだけで差別化されているし、それがスタートアップの聖地サンフランシスコで、さらに最新ガジェットを買いまくるガチのガジェットレビュワー(散財神)というドラが乗っているので、観ていて全然飽きない。

 

 

更にフルタイムの本業があるのに、この更新頻度の高さは、ホントにユーチューブは好きなんだろうなぁ。