溜めず、恐れず。

自転車ロードレースの英文記事やPodcastの翻訳を中心に書いています。

”ランスすげぇ!”ってなる本 → 『ただマイヨ・ジョーヌのためではなく』

 

夏なので、読書感想文の気分でランス・アームストロング著『ただマイヨ・ジョーヌのためではなく』の感想を書きました。

 

ただマイヨ・ジョーヌのためでなく (講談社文庫)
 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

①この本を前から知っていたか?

いいえ。ランス・アームストロングってどんな選手だったんだろう?と、いろいろ調べていた時に見つけました。

 

②どうしてこの本を読むことになったのか?

今年のツール期間中にランスのポッドキャストをひたすら訳していて「そーいえばこの人の事を全然知らないな」と思って。

 

③読み始めてわかったことは?

ランスむっちゃすげー!ってことがわかりました。

ガンを克服するだけでなく、復帰後すぐツールで優勝してしまう所とか。あと発病する前から凄い選手だったところとか!

 

④最初の数ページで印象に残ったことは?

DVされていた義父の名字(アームストロング)をいまだに名乗っているところ。謎。

 

⑤この本は何について書かれていると思う?

ランスのすごいところ。

 

⑥前半のあらすじの大まかな感想

母は強し。

 

⑦本の人との共通点

映画『グッドウィルハンティング』が好きなところ。偶然にも自分が人生で一番多く観た映画だったので。ホントびっくり。

あと、シェリル・クロウが好き"だった"ところ。

 

⑧本の中の人と違っているところ

あんなにいっぱい友だちいない。

シェリル・クロウと付き合えていない。

 

⑨何故違っているか?自分なら何をするか?

インドア派だし、生まれも育ちも日本だから。

リサのことを大事にする。

 

⑩全体的な感想。本を読んでいない人へ伝えたいことは?

ランスの異常性が端々から漏れてて面白かった。

ランスがすごい選手だってことがわかるからオススメ。

あと、コフィディスの悪役ぶりが痛快だった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

素材提供

 

 

ー 次回予告

「『シークレット・レース』を読んで」