溜めず、恐れず。

自転車ロードレースの英文記事やPodcastの翻訳を中心に書いています。

【一分でわかる】コンタドールがパワーメーター禁止を訴える理由

 

今季限りでの引退を発表したアルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード)が、スペイン紙『MARCA』のインタビューで、レースにおける"パワーメーターの禁止"を訴えた。

Embed from Getty Images

 

主張の要因となったのは、今年のツールとブエルタの山岳で、チーム・スカイが見せた完璧な集団コントロール

Embed from Getty Images

 

コンタドールは「パワーメーターの存在が選手のアタックを抑制している」と主張した。 

Embed from Getty Images

「スカイが400ワットでコントロールする山岳で、それ以上のパワー使いアタックをするライバル選手はいない。なぜならすぐに捕まることが明らかだからだ。特に6~7%の勾配では、その心理的なブロックがアタックを躊躇させるのだ。」

 

また、フルームの常にワット数を確認しながら登るスタイルも近年、「機械のようだ。」と批判の的になっている。 

Embed from Getty Images

 

コンタドールは他にも、選手年俸の総額に上限を設定するサラリーキャップ制度の導入を訴えるなど、引退後も積極的に自転車ロードレース界に関わっていくようだ。

Embed from Getty Images

 

そんなコンタドール10月20日(金)に初来日する。

Embed from Getty Images

コンタドールが「2017 ジャパンカップ」に来る! 別府史之、デゲンコルプも - cyclist