読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溜めず、恐れず。

フローをストォーック。

星野源のギャラクシー賞に釈然としない~ラジオSPウィーク評(2017年4月)~

 

星野源の深夜ラジオを最大限にリスペクトしたノリが苦手。

 

かなり遅れましたが、20174月期の「ラジオ聴取率調査週間(通称:スペシャルウィーク)」評です。どーぞ。

*(あくまでもSPウィークの頑張っている感は基本苦手なリスナーのイチ意見です)

 

 

 伊集院光 深夜の馬鹿力:通常営業。

毎度ゲストを呼ばないのでSPウィーク感が全くないのですが、満足の一人喋りでした。ただ、放送作家の渡辺氏の肉声が聴けたのはスペシャル感が非常にありました。

 

って、SPウィークの次の週放送回だった。

 

 

たまむすび:パートナーシャッフル

出ましたお得意の省エネ手法。4月から新体制なので、エクスキューズは十分にあったかと思いますがね。

小島慶子キラキラ』から『赤江珠緒のたまむすび』に変わってしばらく、コンビ同士のぎこちなさが聴いてられなくて半年ほど離れていたのですが、同様に小田嶋さんや町山さんのコラムやゲストコーナー以外は見送った方が、精神安定上よいのかも知れません。木曜のテキトーコンビは除き。

 

 

星野源オールナイトニッポン:ゲスト コサキン関根勤小堺一機

興味なかったので、聴いてません。

 

 

岡村隆史オールナイトニッポン:ゲスト 道端アンジェリカ ぱいぱいでか美

こちらもオープニング聴いただけで、いたたまれなくなって聴くのをやめてしまいました。学生の頃は『ナイナイANN』を唯一の楽しみ生きていたのに

 

バナナマンのバナナムーン:ゲスト  森山直太朗(電話出演)、三浦大知、東京03(豊本さん以外)

 

東京02とのラジオコントSP。お祭り感が苦手なのですが、なんとか我慢して聴いたという感じ。その前の設楽さんバースデーは、謎の三浦大知の登場&雑な森山直太朗イジり。もっと構成をちゃんとしてほしかったなオークラさん。

 

 

三四郎のオールナイトニッポン:ゲスト 銀シャリ

つまらなくはなかったけどという感じ。通常回のドメスティックなノリが好きなので、ゲスト回は面白くないっす。

 

 

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル: 翻訳特集

横綱相撲とでもいいますか、通常回でした。さすがタマフル

 

 

 

オードリーのオールナイトニッポン:ゲスト 市野瀬瞳(中京テレビアナウンサー)

オドぜひを観たことない自分でも楽しい回でした。そして、市野瀬アナ、噂通りですげかった。一週前からのフリがしっかり効いてましたし、春日さんがホントに苦手感が伝わりホント良かった。

 

 

土田晃之 日曜のへそ:ゲスト 古坂大魔王

 

今月のSPウィーク大賞!!

 

ホントにテキトーで中身のないトーク最高でした。

まず、イマイチわからない古坂大魔王のキャラクター紹介から、PPAPがどうやって生まれて、どうやってヒットしていったのかが丁寧に語られ、本当に面白かった。

古坂大魔王が音楽ではなく「電子音が好き!」で、PPAPの電子音が評価されているという話は、流行り物という上っ面の知識だけではない背景を知れて、聴く姿勢がちょっと変わってしまいました。

土田さんピコ太郎は別人だから、古坂大魔王一発屋にはならないというコメントに土田さんの優しさをかんじました。

 

 

 

 

以上、古坂大魔王以外は不作のSPウィークとなりました。

 

 

栗村修さんに学ぶ「ブログで信頼を得る方法」

去年の夏、『ツール・ド・フランス』にドハマリしました。

www.youtube.com

その結果、欧州の自転車ロードレース観戦を観るようになり、

いまではこんな選手名鑑を片手に、JSPORTSのオンデマンド放送を夜な夜な観ています。

 

 

ハマった理由はレースそのものはもちろん、大きな要因は名物解説者の栗村修さん。

ラジオの深夜放送のような、心地の良い”軽さ”を持った解説は、ラジオのヘビーリスナーにとっては大好物でした。

 

それ以降、栗村さんのブログを愛読しているのですが、とても染みた言葉があったので、ちょっと長いのですがメモの意味も含めご紹介。

 

 エントリの内容は「ブログを書く」ということについて。

 

2日に1回』 や 『3日に1回』 のブログ更新でも、定期更新を続けるのは本当に大変で、繁忙期などにはそれこそブログの更新自体が非常に大きなストレスの原因になったりもします(現在書いているブログは合計すると月45本になるので...)。

 

一時はブログを書くのが 『本当に無駄なこと』 だと感じたこともありますが、いまはそれなりに大きな意味があるのかな?と考えられるようになりました。

 

ネタに困ることは日常茶飯事、いつか書いたような記事になることもしばしば...

 

しかし、嬉しいときやノリノリの時だけ記事を書くのではなく、どうしようなく辛いときや、ブログどころではない時、失敗した時や恥をかいた時にもなんとかモチベーションを絞り出してキーボードを叩くことに大きな意味があると感じます。

 

ブログを定期更新するということは、ある意味で 『信頼』 を得ることに繋がります。

 

仕事関連の電話やメール(不特定多数の方からいただくSNSメッセンジャーなどは除きます)などを放置した状態で自分のブログなどを更新することは、『ぼく適当です』 と言っているようなものであり、ブログを定期更新するということは、日常の仕事のやりとりもスピーディーにこなしつつ、大勢の方が読む以上は極力誤字脱字を減らし、更に日々の文章に一貫性を持たせ、そしてセンスも問われます。

 

ブログのすすめ - しゅ~くり~む ら | J SPORTS

 

つまり「ブログを更新する」という事は、

来ているメールや返さないといけないメールを返しているということ。

でないと「こいつメール返信しないのにブログ書いてやがる!」と思われ、信頼を失ってしまうかもしれない。

 

自転車界では(恐らく)確固とした地位と人気を得ている栗村さん。

 

そんな中でも自転車の普及の為に、メディアに露出し、大会のディレクターを努め、さらにはブログも定期的に書くという姿勢には、社会人としての大切な姿勢を感じることができました。

 

最近読んだプロインタビュアーの吉田豪さんの本にも、技術論のほとんどが書いてなく、大事なことは、社会人の一般的なマナーだと言いきっています。

(相手のことを調べることも、インタビュアーとしてのマナー)

 

自分も改めなければ。

近所で美味しいナポリタンのお店が見つかる、たった一つの方法。

 

好きなブログに『ナポリタン×ナポリタン』という、全国各地のナポリタンをレビューをしているブログがあります。

www.eatnapo.net

 

どこにあるか?店内の様子はどのようになっているか?炒め音は聞こえるか?注文から何分でくるか?ソースはハネる系か否か?など、毎回決まったフォーマットで、読んでいてると落ち着く日常系ブログです。

 

ちょっと話題は変わりまして、ラジオの話。

4月に入り大好きなラジオでも新しい番組が始まり、ラジオクラウドでもの配信される番組も増えてきました。

ラジオクラウド - Google Play の Android アプリ

 

その中で個人的に注目しているのが、TBSラジオの『都市型生活情報ラジオ 興味R』。

実は、あの局地的に大人気ポッドキャストdongurifmのイイ声担当ことnarumiさんがゲストで出演しているのです。

 

その中で『おじさんによるインスタグラム特集』をしていたのですが、若者文化のインスタで浮かないおじさんのインスタ投稿例として、「ポテトサラダだけを上げる」など、食やその人の趣味に特化して投稿するなどするべし!と結論付けていました。

 

ちなみに、おじさんのインスタ講座については、コンサルブロガーの永江一石さんのエントリがオススメです。

www.landerblue.co.jp

 

話は戻ってナポリタン・ブログのお話。

 

ナポリタンブロガーのイートナポさんも、「ナポリタンをひたすらあげ続けるインスタ」をやればいいのに。

絶対面白いのになぁと思ったら、

 

 

やっていました。

 

 https://www.instagram.com/eatnapo/

 

 ただ、ナポリタン一色ではなく残念。。。 

 

 

f:id:toriaezublog:20170418214642p:plain

 

イチ読者による、勝手な期待なのだったのですがね。。。

 

あっ、このブログは最寄りのナポリタン「検索」という使い方もあって、

自分の住んでいる所や職場の近くで検索すると、近所でナポリタンできる意外なお店が見つかって面白いです。