溜めず、恐れず。

自転車ロードレースを翻訳するブログ

90日間ブログを更新していないとヘッダーに表示されてしまうので日用品を晒す。

最近、鼻の毛穴ケアにハマっていて、いわゆる”イチゴ鼻”をトゥルトゥルにするのがすごく楽しい。

アドバイスを受け、まずはじめに買ったのが、無印良品のクレンジングオイル。

使ってるのはファミマで買った200mlのちっこいやつ。まさか毛穴の汚れにクレンジングオイルがいいとは知らなかった。めっちゃ落ちる。ただの洗顔じゃ全然落ちないのに、クレンジングオイルで馴染ませる(こすらない)だけで、目に見えて黒い汚れが落ちるからめっちゃ楽しい。でもあんまりやり過ぎるとよくないそうなので、3日に1回ぐらいでやってる。楽しい。

お湯でクレンジングを落とし、その後洗顔洗顔はふつーのビオレ。メンズの泡タイプの洗顔はこれが一番良いらしい。

メンズビオレ 泡タイプ洗顔 

なぜかブログカードが表示されなかった…。

でも、どーやらその後のケアも大事らしく、お風呂出たら速攻で保水。使っているのはこれ。

このハトムギ化粧水のスプレータイプを冷蔵庫から取り出し(冷やすと効果が高くなるらしい)、滴るぐらい引きつける。思ってる2倍から3倍吹き付ける。思い切りよく吹き付けて手で抑える。

その後は100均で買ったコットンにハトムギ化粧水を吹き付けて鼻にあてる。10分ぐらい?そこらへんはテキトー。てか、コットンって初めて使ったけどすごいねこれ。

補水が終わったら、鼻にヴァセリンを塗りたくる。

ヴァセリン

男ってヴァセルンは唇が乾燥したときと靴擦れの時にしか使わなくないですか?まさか鼻に塗るとは思わなかった。それも思っているよりも多めがいいそうですね。

鼻以外の顔はニベアクリームがいいらしい。

それも普通の青のヤツではなく、こっちのソフトタイプがいい。青より延びる。やわらかいというか、水っぽくてまんべんなく塗りやすい。

目的はイチゴ鼻の撃退だったけど、特に乾燥する冬の保湿対策になってる。

あっ、あと仕事中に風邪引いていなくてもマスクするようになったら尚更肌の調子がよくなった。この濡れシート入れるタイプのやつ。

まさか美容にハマるとは思わんだ。でもやってみるとこれはこれで面白い。 

 

 

英語を教えているのですが、興味ある人いますか?って話。

こんにちは。

 

えーっと、本業というかメインはフリーランスPR的な仕事してて、それとは別にここ56年ほど英語を教えています。

 

教えているのは英会話だったり、英文読解だったり、両方だったりです。

 

料金は45分を月3回で1ヶ月10,000円です。

個人なので入会費とか手数料とか教材費とか意味わからないものは全くなく、学生さんだったらもっと安くしますし、外国を夢見る高校生とかだったら無料でいいですし、逆に「3ヶ月後に海外転勤なのでなんとかして!」など本気の場合はもっと高いです。

 

時間は45分と言ってますが、これも結構テキトーで、話が弾んだら余裕で1時間半とか話してます。ここがビジネスライクにし過ぎる必要のない兼業講師の強み。

 

基本都内在住(山手線の下らへん)なので、都内在住か、来れる人(いつも人のいないカフェでやってます)か、それ以外はスカイプでやってます。つまりどこに住んでても対応化。

 

ですが、いま殆どの生徒さんがスカイプです。

なぜかというと、自分がいま仕事(本業というか一番収入が多い仕事)で東京と、ある地方を行ったり来たりしているので。だからスカイプ中心になる可能性が高めです。顔合わせぐらいはしたいのだけど、残念なことにリアルで会ったことない生徒さんもいます(向こうは気にしないみたいだけど、自分的にはやはり一度は会いたい)。

 

自分は在宅のフリーランスなので、ぶっちゃけ平日昼間とかも可能っちゃ可能ですが、お互いの都合がつきにくいので、大体が土曜日とか平日の夜とかですね。

 

あとは伝えるべきことはなんだ?

 

そーだ。自分の英語の能力ですが、ランス・アームストロングというアメリカ人の30分のラジオ番組をフル尺で翻訳できるぐらいです。イギリス英語も自転車ロードレースのおかげで苦手意識がなくなったけど、マン島出身のカヴェンディッシュの英語だけはいつまでたっても聴き取れない。マジで。

 

英文読解の方は仕事で毎日読んでいるので、得意というか、読まないと食べていけないので日々必死に読んでます。たまに仕事で訳したりもしている。

 

聞く・話す・読む・書くの四技能のうち、一番得意なのが「聞く」で、その次が「話す」、「読む」、「書く」っていう順番です。

 

一応、大学では言語学の英語音声学を勉強してました。だからネイティブの理解できる最低限の発音まで、生徒さんを引き上げるのが得意です。(ホントは発音より文法を正確にしたほうがネイティブが聴き取れられない単語を補完してくれて通じるのですけどという話はまた今度)

 

あと、いま教えている生徒さんは「50歳で英語を始めていまや日常会話はもちろんビジネスでも英語をバンバン使ってて、いま東欧に営業の旅にいってる」63歳のオジさまから、「将来海外で働きたいので英語勉強したいっす!」という大学四年生まで幅広いです。

「娘がアメリカ留学しているので親の威厳とメンツを保つため英語勉強しているお母さん」とかね。

 

あと、生徒さんに求める条件としては中級以上です。

 

何を持って中級以上か?の定義は難しいのですが、下のランスが何に怒っているのか?が分かれば中級以上だと思います。でもこれが「一言一句わからん!」だったら厳しいかと。なんとなーく単語拾って意味をつなぎ合わせて、こーゆーこといってる?かな?ぐらいで十分に中級だと思います。

  

 

Lance Armstrongさん(@lancearmstrong)がシェアした投稿 -

 

脱線しますが「↑は全然わからんけどこれから英語始めたい!」という人はコチラの雑記とかいいですよ。

初級の段階は人に教えてもらうより、自分一人で最低限の単語を詰め込むのが早いし安いし自信つきます。人に習うのはその後にしないとお金と時間がもったいないです。そーゆー相談も興味があればご連絡ください。

 

 

とにかく、中級以上で英語勉強したい、もしくは勉強しているのだけどイマイチ伸び悩んでる人。学生、社会人問わないので、興味がある人は連絡ください。

 

将来海外に住みたい人、スポーツやってて海外に挑戦したい人、外国人と付き合いたい人などなど、モチベーションは様々だと思いますので、少しでも興味ある人は以下のメールアドレスまでご連絡ください。

 

soaoisoaoi@gmail.com

 

メール面倒くさい場合はツイッターDMをあけていますので連絡ください。

 

あと言い忘れたことあるか?

 

そーだ、まずは連絡くれた人はメール等でやりとりして、その後スカイプLINEでもいい)で話して、何回か試しに授業的なことやってみて、その後本格的に授業っていう流れです。

 

あと、やる気がある人ってのも最低条件です!

 

英語が聞ける&読めるよーになったら自転車ロードレースが1.5倍は面白くなりますよ。

 

以上です。長々と読んでいただきますありがとーございました。 

 

Sorato

 

そーだそーだ。実際の授業は、会話したり、一緒に生徒さんの興味ある英文記事を一緒に読んだり訳したり、生徒さんにプレゼンしてもらったり、生徒さんに英語日記を書いてもらって添削したり、生徒さんによって全然違います。

教材はコチラで用意するというか、一緒に探して楽しいやるといったカタチです。

いま教えている生徒さんやっているのは、

↑これとか、

↑これとか、

↑これの暗記とかです。

 

生徒さんによっては欧州サッカーが好きな場合は、週末にあった試合の各記事の英文を読んで、あーだこーだ言い合ったりね。

とにかく、生徒さんの興味関心と、得意不得意と、向上したい技能に合った方法を選ぼうとしています。これもなかなか難しくて失敗も多いんですけどね。

 

ではでは〜。