溜めず、恐れず。

フローをストォーック。

ランス・アームストロングによる第21ステージ評「とにかくフルームの子どもが可愛いんだ!!」

 

 

今回で最終回となるランス・アームストロングによるポッドキャスト。ランスの意外すぎる着眼点や、ツッコミどころ満載な持論、その一方でマジメで情熱的な一面があったりと、どこか憎めないランスの人間性が存分に表れている、最後に相応しい回となっています。

 

www.youtube.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ランス: 

さあ2017年のツール・ド・フランス、パリでの最終ステージについて話していこうか。

 

誰の予想も当たらなかったな。ロットNLユンボ24歳のスプリンター フルーネウェーヘンが勝利した。彼はいつもスプリントの上位10人にいたよな。

ー でも、誰もそのことに気づいていなかった。他の選手にまぎれていた。パリで勝ったことによって「誰だこいつは?」となったんだ。

 

ランス:

俺はスプリンターではないけど、1勝だけできるステージを選べと言われたら、俺もツールの最終日と答えるよ。そのぐらい今日は大きな日だ。

 

ー そうだね。最も価値があって、観客が沢山いて、あそこで勝つのはクールだもんね。

 

ランス:

あそこは有名な都市らしいしね。笑

これは著書にでも書く予定だったんだけど、言ってしまおう。

数年前にパリに行った時の話だ。ウーバーに乗って運転手がアフリカ人だったんだ。そして、凱旋門からシャンゼリゼ通りに入った時 彼が俺にこういったんだ。

「ここがシャンゼリゼ通りだよ」って。

俺がランス・アームストロングなんてことを知らずにな。

「教えてくれてありがとう。”よく" 知っているよ」って答えておいたよ。笑

 

テレビ中継を観ていて気づいたんだが、凱旋門の前のキツいヘヤピンカーブはなくなったんだな。そしてそのかわりに凱旋門の周りを回れるようになった。あれはすごいな。テレビで観ていてとてもダイナミックだった。

 

ー なんで長い間、ああいう風に凱旋門を回らせてくれなかったんだろうね。

 

 

ランス:

テイラー・フィニーははじめてパリに来たって言ってたな。もしツールを走ったら、最終日がパリだからそれがはじめになるだろうと。

大したヤツだよ。

 

 

ー ツールを走った多くの選手はブエルタにも出場するらしいね。

 

ランス:

フルームもブエルタに出るらしい。一体なぜだ?

家の前に「出場してくれ」と大金が積まれていたのかもな。ちなみにツールのオーナーであるASOは、ブエルタのオーナーでもあるんだ。

俺がフルームだったら出ていないだろうな。出るわけがない。

 

ー お金以外にはどんな理由があると思う?

 

ランス:

その前に、今日のスタート地点?にフルームの奥さんと子どもがいたけど

 

あの赤ん坊可愛すぎないか?

Holly shit! That kid is cute!

あんなにかわいい子どもがいるなら家で一緒にいろよ。

1週間のレースとかだけ出てればいいんだ。まったく。

 ホントに可愛かったぜ、チクショウ。

 

ー 笑

 

ランス:

いやいや冗談で言っているわけじゃない。ホントにかわいいんだ。

奥さんも確かに綺麗だが、とにかく子どもが可愛いいんだ。

 

ー 笑。話を戻そう。なんでフルームはわざわざブエルタに出るんだ?

 

ランス:

フルームが世界選手権で勝ちたいという野望があるか知らないが、それならブエルタは良い準備期間として機能するかもしれない。

気持ちのことを言えば、また三週間戦うなんて俺にはできないな。

 

ー 今日のパレードレースは、多くの選手にとって新しい契約を結ぶために有利に働くかい?

 

ランス:

ツールは大きな交渉の場みたいものだ。たくさんのエージェントがいて、たくさんのチームがいる。

交渉について言えば、クリス・フルームはチームメイトを何人か失うよな。確かにスカイは他のチームの選手を獲得する資金があるが、力のあるチームメイトを失うのは事実だ。

また、俺が持っている疑問は、チーム・スカイを離れた選手たちがどのような走りをするかだ。なぜならスカイを離れた選手は活躍できないように見えるからだ。活躍するかもしれないが、十分とは言えない。

 

ーその代わりにスカイはどんな選手でも獲得できるだろう?

 

ランス:

もちろん。スカイは白紙の小切手を持っているからな。これが嫌いな人はいない。

 

ー 選手を失うかもしれないが、またフルームに必要な選手を集められるってことだね。

ツールの4回目を勝った直後のフルームは何を思っていると思う?

 

ランス:

誰にもわからないが、5回目の勝利のことだろうね。

ツールには「5勝クラブ」というものがあって、インデュライン、メルクス、アンクティルなどが名を連ねている。そこにクリス・フルームという名前を加えることだろう。

俺がこのことについて話すはちょっと可笑しく聴こえるかもしれないがね。

 

あと、ASOが発表する2018年のコースレイアウトが気になるだろうね。山岳の数や、TTの距離、チームTTの有無などさ。この発表の日はフルームに限らず、総合系の選手全員にとって大きな日になるだろう。

  

ーリスナーからの質問が沢山あるんだ。読んでいいかな?

 

ランス:

待ってくれ。その前に、ある本の最後に書かれていたスピーチを読みたい。

これはツールの父であるアンリ・デグランジュが、1906年のツール・ド・フランスのスタート地点で選手に向けた語った言葉だ。

その当時はいまのように多くの選手がいたわけではないだろうし、ツール・ド・フランスは変わり者によるショーだった時代のことだが、ツールが終わったいまの選手たちへは相応しいと思うんだ。

 

 

苦しく辛い午後、全てのフランス国民が、君たちを応援するため現れるだろう。手を振り、戦いの記憶を刻むため、その目は大きく開かれる。

日が落ち夕暮れにはなると、長い日の疲れがやってくる。田舎者たちは、街を通る君たちを祝ってくれるだろう。

痛みの向こうからは、名誉がやってくる。

そしてパリには、栄光が待っている。

いつかツール・ド・フランスで走ったことを思い出す日がくるだろう。

その時、君たちは誇りをもって言うことができるのだ。

”あそこにいた"ということを。

 

 

 *かなり意訳ですが、雰囲気だけでも伝われば

 

これが、選手たちに送られるべき言葉だ。

 

ー 彼らはツールという大きな歴史の一部になったということだな。選手一人一人の名がツールの歴史に刻まれる。

 

ランス:

そうさ。クレイジーなレースを走りきったんだ。

身体的にも、精神的にも厳しいツール・ド・フランスを。

 

現役の時よく三週間走りきった感想を聞かれることがあったんだ。

それには「すこしでも早く家に帰りたい」と答えていたよ。

「一つの場所に腰を据え、家族や友だちと過ごしたい」「違うホテルを転々とし、毎朝パスタを食うなんてもう沢山だ」と。

 

ー 彼ら選手の頑張りは、想像を絶するよ。

 

 

ランス:

多くの自転車ロードレースファンにはツールが終わってしまった後、ブエルタや世界選手権が待っている。しかしその他にもレースは沢山あるんだ。

アメリカのファンには自転車界全体が集まったレース、ヴァロラマという大会がある。

自転車ロードレースの大会だったらコロラド・クラシックという4日間のステージレースが待っている。これには良いチームが揃っている。

ツアー・オブ・カリフォルニアに呼ばれなかったジョージ・ヒンカピーのチームやアクセル・マーカス(名前が聞き取れず)のチームだってくるんだ。

ヴァロラマはとても良いレース。とても楽しみだよ。

 

ー リスナーからのコメントでよく来るのが「もう自転車ロードレースを観るのをやめてしまった」という内容なんだ。このポッドキャストが良いキッカケになってほしいし、アメリカにも新しいスターが生まれて、自転車界が盛り上がってほしいね。

 

ランス:

正直このポッドキャストをはじめた時、ここまで反響があると思っていなかった。それが500万ダウンロードだよ?ホントに驚いたし、俺なんてヤツのことを気にする人がこれほど多いとは思ってもいなかった。

この放送に関わってくれた全ての人に感謝するよ。

 

本当にこの三週間は楽しかった。いつまた会えるかわからないけど、49週間後には確実に会える。

 

 

この三週間のせいで太ってしまった。またトレーニングをしないとな。

 

 

ちょっとこれから自転車乗ってくるよ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

ランス・アームストロングによる第20ステージ評「1000kmも逃げているのになんでバルギルなんだ!!馬鹿じゃないのか!?」

 

今回のゲストは三度目の登場となるランスの盟友 ジョージ・ヒンカピー。ランスの熱いボケに冷静なツッコミを入れるヒンカピーと、二人のじゃれ合いがとても微笑ましいです。

あと今回もランス…怒ってます。

 

www.youtube.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ランス:

昨日話したような、テクニカルやメカニカルな問題、パンク、落車などはすべて起こらなかった。テレビに映っていないだけかもしれないけど。

今日のハイライトはスタートとゴールの会場だ。

ー いままであのような環境で行われたことはあった?

 

ジョージ:

ないね。あれは本当に凄かったよ。

 

ランス:

あれはサッカースタジアム?とにかく素晴らしい環境だった。クールだったよ。

 

ー 大きな会場で、映像と大きな歓声があって。ただ、あれらがバルデを神経質にさせた要因の1つだろうね。

 

ランス:

どうだろう。スタートのランプがついて、あの会場にいる皆が自分(バルデ)の味方、そしてあれだけの強烈な声援があったら多くの選手は力に変えるだろう。彼にとって単純に良い日じゃなかっただけかもしれない。バルデのポジションや、自転車は問題ないように見えた。

 

ジョージ:

まあ精神的な問題だったように思うよ。今日のコーナリングはいつもの彼ではないかった。

明日の天気がどうか知らないが、ランダが勝負するのは難しいだろう。でも、やらせてみろよっておもうけどね。

 

ー じゃあ明日はランダに注目かい?

 

ランス と ジョージ:

まあそんなこと起こらないだろう。

 

ーバルデについて話そう。バルデの未来についてはどう思う?

ランス:

まず1つ。彼が何歳か知らないけど12歳ぐらいに見える。笑

バルデは一年をかけてタイムトライアルを向上しなければならない。それは今日、明らかになった。それが技術やポジションでないことは確かだ。彼にはパワーが足りない。

 

主催者は今年、彼に有利な舞台を用意してあげた。しかしそんな優遇は二年連続起こらない。みてなよ。10月に来年のコースを発表するが、バルデの為にカスタムしたレイアウトにはなっていないだろう。

だからこそ彼はTTの力を強化しなければならない。

 

ー バルデがこの一年でTTの力をつけることは可能かい?

 

ランス:

フルームのようなTT力はつかないだろうし、その必要もないだろう。もっと登りが強くなれば、TTはタイムを失わないような走りをすればいいだけだ。

今日はそのような走りを試みたんだけど、3位も失いそうになってしまった。

 

ジョージ:

フルームは去年のツールよりタイム差はなかったし、優勢ではなかった。

 

ランス:

彼は "シュナック" と呼ばれる9%の登りの時、あの小さなピザみたいなギヤを漕いでいた。他の選手はみな大きいギヤを踏んでいたのに。

それに空気抵抗が関係ないあの登りでも、フルームはいつものようなバーに顔を近づけるポジションを取っていた。

 

ジョージ:

登りであのポジションにメリットはないだろう。呼吸もしにくいだろうし。

 

ランス:

これから言うことは俺の勝手な仮説なので信憑性は保障しない。

通常の自転車選手のポジションで前を向いていたら、(喉の)気管は狭まる。しかしフルームのように下を向くことによって、気管が開くのではないだろうか。つまりフルームはそのポジションを取ることによって、あの大量の酸素の吸引をしているのではないだろうか。

 

ジョージ:

それはおかしい。そんなわけないよ。笑

 

ランス:

じゃあなんで常に下を向いているんだ?

 

ジョージ:

それが正しいのなら、これからプロトンでみんなクラッシュするだろうね。

みんな下を向いているんだから。まあ確かに下を向いていることによる空力の優位性はあるだろう。

 

 

ー 総合敢闘賞が、バルギルになりそうなんだ。

 

は!?

トーマス・デヘントではなく!?

 

今朝ネットで読んだ記事に信じられなかったことが書いてあったんだ。

今回のツール・ド・フランスでデヘントは準備はいい?

 

 

なんと 1000km もの距離を逃げているんだ!

 

これほど赤いゼッケンに相応しい選手がいるか?

 

バルギルは山岳賞があるじゃないか!

 

1000kmだぞ!?

 

クソが!!

 

(バルギルは)ステージ2勝に山岳賞だろ!?それで十分じゃないか!!

 

敢闘賞はトーマスデヘントに決まってるじゃないか!!

 

1000kmだぞ!?

 

バカじゃねーのか!? 1000kmって言ったらレースの1/4だぞ!! いやそれ以上だ!!

 

 

ふう。

 

怒りの抜粋動画はコチラ。

 

ー 視聴者投票ではデヘントが勝ったらしいが、審査員がバルギルに投票したらしい。これはサガンを追い出したのと同じヤツか?

 

ジョージ:

いや違うだろう。サガンを失格にしたのは UCI で、バルギルはASO、メディアやスポンサーによって選ばれたはずだ。

 

ランス:

こんなのおかしいだろ。これはおかしい!

 

ジョージ:

確かにこれはおかしいね。

 

ランス:

おい!! ジョージが俺と同じ意見だぞ!!

 

(拍手)

 

こんなミラクルあるか!?

今日のテレビ中継で俺の名前が出たらしいんだけど、それと同じぐらいの奇跡だ!

 

 

シャンゼリゼは他のステージと違うの?

 

ランス:

シャンゼリゼは難しい。最終日だし特に何も起こらないが、道が荒れているんだ。パリ・ルーベほどじゃないにしてもね。凱旋門に向かって緩やかな登りの後にヘヤピンカーブがあるから、集団はどうしても縦長になる。

 

ジョージ:

シャンゼリゼの道はホントにヒドい。

 

ランス:

雨が降るとさらに滑る。

 

 

ジョージ:

明日の予想は?

 

ランス:

クレイジーかもしれないが、ブアニだ。

 

ジョージ:

俺はグライペルだ。

 

ランス:

なるほど。ジョージはグライペルで、俺はブアニ。

 

ーそして明日はこのポッドキャストのラストショーだ。

 

ランス:

そうだ。ラストだ。そして明日はこの三週間の感想を言う回にしよう。

その後は49週間の休暇だ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

残念ながら次回で最終回となります。視聴者から「ブエルタはやらないのか?」という質問が多くきていたのですが「ブエルタ?なにそれ?」状態でした。笑

ご指摘等あれば、コメント欄やツイッター(@If_So_Ara)でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

キャノンデールのこのノリ好き。 

ランス・アームストロングによる第19ステージ評「BMCは30億円もあるのに何してるんだ!」

 

今回のゲストはランスの元チームメイトだったデュラン・ケイシー。自転車選手から、その当時はまだ誰も知らなかったグーグルへ転職したという異色の経歴の持ち主でもあります。

 

www.youtube.com

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ランス:

今日は予測できる展開で退屈だった。

しかし、最後のゴール前はとても興奮したよ。

 

ー ゴール前である二人の選手以外はテクニカルな ”ヘマflub” をしたね。

 

ランス:

ボワッソンハーゲンはスプリントをかけるタイミングが遅かったせいで、二つのステージで2位になっている。

あのシーンが凄いのは、追ってくる後続の選手たちを諦めさせたことだ。平坦コースであれをできるのは本当に凄い。この3週間で一番の出来事かもしれない。

 

ー ボアッソンハーゲンはあの逃げ集団のなかで一番スプリント力があった。集団の中でゴール前まで待つという作戦もあったはずだ。

 

ランス:

10人や20人の集団で一番スプリント力があり、それを全員が知っている場合は、その選手は集団を1つにする責任があるんだ。もし三人が飛び出した場合、それはその一番スプリント力のある選手を警戒しているからなんだ。

しかし、ボアッソンハーゲンにはチームメイトがいなかったから、脚を溜めたり、集団を引いたり、アタックを潰したりと色々する必要があるはずだったか、どれも起こらないかった。

 

デュラン:

その集団で勝つ責任を背負っている場合、他の選手をチェックすること以外に選択肢はない。普通はね。

小さな集団で、躊躇ったことにより負けるなんてことは沢山ある。

しかしボアッソンハーゲンは違った。

 

 

ランス:

これだけは言わせてくれ。3000万ドル(約30億円)の資金がある BMC というチームは、このツールで何もしていない。確かにポートのリタイアという不運はあったが、今日彼らは何かしなければならなかった。

20人の逃げで、フランスのプロコンチネンタルチームのディ、ディレ、ディレクトなんでもいいや、あとフォルテュネオがそれぞれ3人ずつ逃げに選手を入れているんだ。

 

一方で、3000万ドルチームが逃げに一人も入れられない?

最悪だよ!

 

デュラン:それに、BMCはメイン集団の前を引くこともなかった。もし俺たちの時代に選手を逃げに乗せられなかったら、

 

ー それだ!そういう意見を君たち元選手に聞きたかったんだ!

ああいった時に選手にはどういった指示がくるんだ?

 

ランス:

監督から「逃げに乗れなかったのだから集団を引いて追いつきなさい」と言われるさ。チーム・スカイにとってはクリスマス休暇になるがね。

逃げに一人の選手も入れることができず、さらに集団を引くこともしないということは、

 

BMCのモラルはゼロだ。

 

ー 注目を集めていて高い給料を貰い、選び抜かれた選手のいるチームが、逃げに一人も送り込めなかったことに言い訳はできないと。

 

デュラン:

チームの予算がいくらいるかなんて関係ない。モラルがないんだ。それだけだ。

 

ランス:

その通りだ。予算はあっても、モラルがクソなんだ。

何もしない監督からもそれは見て取れる。一日ドライブを楽しんだだろうよ。

 

ー 昨日言っていた、いまだツールでの勝利がない11のチームについて、彼らは勝てなかったが逃げで何かをしようと必死になっているように見えた。

 

ランス:

でもデュメンション・データは見せた。勝ったんだ。

 

よし、そろそろラウンダバウトの話をしようか。

通常ラウンダバウトは右行っても左行っても距離は50/50だ。どちらを選んでも同じだ。しかし、60/40もあれば70/30もある。

だからそういう場合は近い方に行くんだ。ゴール間近のコースなんだから尚更だ。

俺の現役の時代、そういう時はヨハン(監督)から「右にいろ」と指示があった。選手もコースは知っているはずだ。レースブックにコース前の地図がある。ラウンダバウトをどっちを走るべきか書いてあるんだ。

ボアッソンハーゲンともう一人の選手は右をとった。そうするような指示があったかどうかはわからないが。

デュラン:

俺が逃げに乗るつもりの日だったら、たっぷりと時間を使ってコースレイアウトを確認しておくよ。

 

ランス:

そうだよ。いまの時代iPadGoogle Earthなどいろんなもので確認できる。

木々の位置だって確認できる。

 

ーじゃあ今回は誰のせいなの?選手?監督?

 

ランス:

通常、黄色い旗を持ち誘導する警察がいるのだが、あそこにはいなかった。それを不運と思うしかないよね。

 

ラウンドアバウトはゴールから残り2km1.5kmの位置で、二人が短い距離を稼いだ。

 

ランス:ヘリの映像で観るとあれで20mぐらいだ。あの瞬間に勝負は決まったし、素晴らしかった。

 

ギャップのキッカケを作ったのはニキアス・アルントだった。ボアッソンハーゲンはその後ろについて差したんだ。

このレベルの選手たちのなかであの加速なんだから、まったく素晴らしいよ。

 

ーあれは予期していなかった興奮するシーンだった。

明日はまた大事な日だ。短い個人TT

 

デュラン:

ツールで22kmのTTは本当に短い。通常は40~60kmが普通だ。だからこそ厳しいな。

 

ーコースを設定した人は、ツールで個人TTが重要な要素になるのを避けた。そのはずだった。そうだよね?

 

ランス:

去年フランス人のツールでバルデは2位だった。

そして今年も2位だ。レイアウトを決める人は、その気になれば22日間パリで戦わせることだって可能さ。

確かにレースをより面白くする意図はあるだろう。しかしフランス人のバルデが有利になるようにしたのは確かだ。これは彼らフランス人のレースだ。

 

TTは短ければウォーミングアップは長い時間行うし、TTが長ければ短くていい。選手はスタートする時点で、調子を頂点に持っていかなければならない。

 

ーこの短い個人TTで誰かフルームを捕まえることはできる?トラブルなどが起こる以外で。

 

デュラン:

当然今日、誰かにとってトラブルが起こる最悪の日になるし、他の選手は良い日になる。

 

ランス:

何かが起こるっていうのは、総合上位三人について行っているんだ。

 

ー ツールが始まる前からキミはこのTTコースの真ん中には "シュナック" があると言っていたよね? シュナックってなに?

 

デュラン:

TTっていうのはリズムなんだ。経営みたいなもので、正しいところで正しいだけの力(予算)を使う。その力を使うべきところがこのシュナックと言われる 2.5km の登りだ。コースレイアウトを観てよ。とてもテクニカルだ。

 

ランス:

このレイアウトでどうリズムを作ればいいんだ。

だからこそ明日はウォーミングアップが大事になる。より良いウォーミングアップがリズムを生むんだ。

 

デュラン:

ランス、総合上位の選手はだいたい何時にウォーミングアップを始めるんだい?

 

ランス:

多くのレースは正午に始まる。

選手の練習は午前9時や10時からだから、正午スタートは彼らにとってすでに遅い。

しかし、今回のフルームのスタート時間は明日の午後5時だ。

彼は朝、試走するだろうな。

 

ー試走は自由にできるの?車はいない?

 

ランス:

ああ。そうだろう。

例えコースを20回走ったところで、車が走っていたらそれは全然別のコースのように見えてしまう。

 

ランス:

フルームは朝に試走して、ランチを12時が1時にとって、後はスタートまでゴロゴロしてるだろう。俺が彼ならチームカーに乗ってコースをみるだろうね。彼はきっとクヴィアトコフスキーの後ろを見るだろう。そしてクヴィアトコフスキーは踏まなければならない。本気で走っているところを観ないと意味がないんだ。

 

バルデはフルームにメカトラがない限り捕まえられないだろうな。ウランは、まあどうだろうな。(he can test

 

今日のレースをみんなで観ていて誰かが俺に聞いてきたんだ。

もし1位との差が10秒 とかわずかな差だったら、パリで勝負を仕掛けるかと。だって1位はタイムボーナスがあるし。

もちろんするだろうと答えたよ。

 

ー 不文律があるけどそれはどうだい? 過去にパリで順位がひっくり返ったことはあるの?

 

ランス:

あるよ。確か1989年にパリでタイムトライアルがあったときだ。グレッグ・レモンがローラン・フィニョンを破ったんだ。

でもそんなことは二度としないだろうね。フランス人がアメリカ人に負けたことがあるなんてことを繰り返さない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご指摘等あれば、コメント欄やツイッター(@If_So_Ara)でお願いします。  

 

 

 

第19ステージで一番グッときた写真。オリカのベテラン平坦アシストのマシュー・ヘイマン。2016年のパリ〜ルーベを制した時の印象が強烈に残っているせいか、汚れた姿がかっこいい。