溜めず、恐れず。

自転車ロードレースの英文記事やPodcastの翻訳を中心に書いています。

ランス・アームストロングによる第9ステージ評 【後編】「選手はヘルメットを脱ぐべきだ!」

 

トークがあまりにも濃かったため、二部に分けざるを得なかったランス・アームストロングによる第9ステージ評 後編です。

 

前編はこちら↑

 

ランス節が満載の刺激的な内容になっております!

 

 

www.youtube.com

後編はだいたい17:21〜辺りから。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ランス:

そー言えば、今日のコースレイアウトが ”クソ" だってことは、もう言ったっけ?

 

ー おいおい、落ち着けよ。笑

 

ランス:

そもそもみんな、この第9ステージのことを ”クィーンステージと呼んでいるけど、それには断固として反対だ。

確かに豪快な登り坂があったけど、その後の下り坂が中和してしまった。

 

あれを "クィーンステージと呼ぶことはできないよ。

 

クィーンステージはモンヴォントゥであり、アルプスのことだ。

 

 

ー 第9ステージを「よし!これは俺のステージだ!」と思っていたような、下りを得意とする選手はいた?

また、なぜコースを設定した者はあの超級山岳の後に、下り坂を持ってきたのだろうか。あの下り坂のせいで、ロードレースというよりX Gamesの要素が入ってしまったよ。

 

ランス:

出場選手の中でもロマン・バルデの下りはピカイチだ。

実際に彼は下りを使ってアタックに成功した。まあ最後まで持たなかったけど。

 

それにしてもあの下り坂は…

この前一緒に MotoGP(モーターバイクレース) の試合を観たよね?

23mm~25mmのタイヤで時速80kmで走るやつ。まるであのレースのようだったよ。

 

そもそも、頂上ゴールが可能な山岳が、ゴールのシャンベリーには30以上もあったのに、なんで下りと平坦を持ってきたんだろうか。

その結果ビックネームの一人(リッチー・ポート)を失ってしまった。

 

 BMCの選手はすぐにポートのサドルの位置まで下げられるように、特殊な留め具をつえていた。

 

ー あのクレイジーな下り坂を解説してよ。

集団をコントロールするためか、コースが良く視えるからなのかわからないけど、下りでフルームは先頭に立った。

キミだったらあの下りを先頭で走るかい?

 

ランス:

俺なら前で下りたいな。もちろん、ダン・マーティンも先頭で下りたかったと思うよ。

でも、もし俺がフルームだったら、ロマン・バルデの後ろをピッタリとつくよ。だって彼のホームコースだし。

 

結果的にバルデとフルームは20秒ついてしまったから、それは無理だったということだけど。

 

 

ー 話をゴール前の平坦に移そう。

キミは観戦しながらとても不満そうに観ていたよね? なぜ他の選手はフルームの前で引くのかって。

 

ランス:

あのシーンは面白かったよ。思わず笑ってしまった。

ジョージ・ヒンカピーGeorge Hincapie)からメッセージが来てさ、

 

「アスタナは一体何をしているんだい?」だって笑 

 

あの30分ほど前に、時間を戻して考えてみてよ。

フルームにメカトラがあって手を挙げたのにも変わらず、アルがアタックをした。

そしてギスギスした空気があの集団には生まれた。

 

その30分後、なんだあのすべてを帳消しにしたような協力体制は?

みんなフルームの為に走っていた。

 

フルームはルームメイト(ゲラント・トーマス)を失ってしまった。

それなのに、驚いたよ!

最後の10kmに仲間が二人いたんだ!

しかもその二人はスカイのジャージを着ていない、アスタナのジャージを着ているんだ!

 

俺にはアスタナが何を考えていたのか、全くわからないよ。

 アスタナのフグルサング(左)とアル(右)

 

ロマン・バルデなんて放っておけばいいんだ。

1着で10秒ぐらい与えてやれよ。

マイヨジョーヌはフルームだろ?ヤツに先頭を引かせて追わせろよ。他の選手はその後ろで脚を溜めてればいいんだ。

 

仮に先頭で引いたとしても、引くフリをすればいいんだ。トマ・ヴォクレールのように笑

アスタナのフグルサングは、アルがスプリントを制してタイムボーナスを取ると思っていたんだろうが、結果は真逆になった。

アスタナはバルデを捕まえたけれどもステージは勝てず、フルームはタイムボーナスをとった。

 

~しばしウリシのギアを車から身を乗り出して直したメカニックへの賛辞~

 

ランス:

2位に入ったバルギルが、二ヶ月前にあったツール・ド・ロンマンディで骨盤を骨折をしたのは本当かい?

だとしたらすごすぎるよ。

誰が骨盤を骨折した2ヶ月後に、ツールドフランスの一番厳しいレースで先頭を走ることができるんだよ。

 

 

ー ところで、誰がフルームとまともに競い合えると思う?

第五ステージでアルのアタックを観た時は、彼はすごく活発に見えた。

まあ、あれは頂上ゴールだから可能だったことだけどね。

 

ランス:

ちょっと話は逸れるけど、もし俺がツールの責任者だったら、

 

頂上ゴールのレースでは、選手にヘルメットを脱がせるよ。

もし時速10マイル(16km)で走るんだったらヘルメットは脱ぐべきだよ。

 

ー ヘルメットの着用義務がなかったのはいつまでだったっけ?

 

ランス:

確か、2003年か2004年。

 

ー なぜ?ヘルメットを取った方がいいと思うの?

 

ランス:

個人的な意見で、世界中の誰も同意しないと思うけど、

もしマルコ・パンターニがヘルメットとサングラスをしていたら、あのようなキャラクターにはなっていなかっただろうし、誰もあの個性的な顔や、表情を知ることはなかっただろう。 

 

もちろん下り坂ではそうは思わないよ。

もし今日リッチー・ポートがヘルメットをしていなかったら生きてはいなかっただろうし。

 

落車したダン・マーティンの頭を守ったヘルメット。

 

登りではヘルメットを外して、彼らの表情や、坊主頭や、長髪などの個性を見せたほうがいい。

選手の個性をもっとわかりやすくしたほうがいいんだ。

 

ローラン・フィニョンもヘルメットを被っていたら、ファンは誰がフィニョンかわからなかっただろうよ。

 

なんでこれを言ったのかわからないけど、これすごく言いたかったんだ!笑

 

 

ー 僕はてっきり ”顔が分かる方が選手がリスクを取ったアタックをするとでも言うかと思ったけど、キミは単純に選手の顔が観たいんだね?

 

ランス:

そうさ。

マラソン選手は時速20km近くで走るけど、ヘルメットしてないだろう?彼らも転ぶ危険性はあるのに。

 

 

~話しを本筋(フルームの対抗馬は誰か?)に戻して~

 

ランス:

頂上ゴールじゃないと登りでのアタックは活性化されないよ。

バルデだって下りで20秒も離したのに、平坦で追いつかれてしまった。

 

ー 頂上ゴールならアタック合戦が起こっていたのに。

 

ランス:

(今日のコースレイアウトで)一番その恩恵を受けたのはクリス・フルームさ。

 

キンタナがトラブル?で脱落して、コンタドールも脱落、アルは引き戻されて、ダンマーティンもダメ(落車)。

 

結果、フルームが最強さ。

銃に弾は入っていないよ(No more bullets in the pistol)=対抗馬はいないよ。

 

まだ一週目だよ?ツールは三週目が一番厳しいはずなのに。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

ランスが前編で、フルームの小さすぎるギアはセコい!と喝を入れていますが、彼も現役時代は高ケイデンスで山を登って、プロトンから非難ゴーゴーだったらしい…です笑

 

観戦歴の浅い私のようなファンとは違い、ランスの現役時代を知っているファンはそこら辺も含め楽しめるのだなーと嫉妬してしまいました笑

 

 

 

あっ、44:21からランスによるテイラー・フィニーのモノマネが聴けます。レアです。コロラド特有の訛りらしーです。